紬のような素朴な風合いのある男物のアンティークの羽織です
羽裏には打出の小槌や錦絵「萬々両札のつき留」(江戸時代の富くじ興行のようすを描いたもの)などが染められています
生地はざらっとした手触りの柔らかい正絹です

デジカメの特性上、表地に色ムラがあるように写っていますが、実物にはありません

図に書かれているところがほつれており、特に(A)が大きくほつれています
白っぽいシミもありますので、図と写真でご確認ください(黒字・表、赤字・裏)

また、図と写真にはありませんが、右袖付けの後身頃の脇縫い近くも10cmほどほつれています

多少傷みはありますが、
アンティークならではの意匠を楽しんでいただければと思います

文:篠田

*おおよその地色 - HTML code (333032)

■■■

歴史戦前
状態良い
生地
裏地
サイズ
66cm
身丈102cm
後幅30.5cm
実重量0.55kg

+
NSP 空調服立ち襟チタン【大容量バッテリー白ファンセット】 8209998 シルバー5L NA-111B